岐阜の元気といのち 浅野 真

浅野真の一口コラム
HOME > 浅野真の一口コラム
まことブログ
浅野まこと後援会通信
浅野真後援会QRコード
浅野真後援会
モバイル版へアクセス!
http://www.jiyuto.com/
■■浅野真の勝手に通信■■ 001号■ 2009年1月1日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■浅野真の勝手に通信■■ 001号■ 2009年1月1日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新年明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとり素晴らしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
今年最初の勝手に通信は「2009年を展望する」と題して書いてみました。
少し長いですがご一読頂けますようお願い申し上げます。

*このメールを通じて、皆様お1人お1人の公(おおやけ)を思う心との
 出会いの場になればこれ以上の喜びはありません。
 是非、皆様の忌憚のないご意見・ご感想を info@jiyuto.com までお寄せ下さい。
 このメールを1人でも多くの方にご紹介頂けますと幸いです。

☆既発行分は  http://www.jiyuto.com/columu/index.php でご覧頂けます。
 また、掲示板 http://www.jiyuto.com/bbs/cf.cgi も開放しておりますので、
 皆様のご意見を書き込み頂けると有難いです。



□2009年を展望する

今年は激動の年になりそうです。まず気にかかるのは国際情勢です。
イスラエルのパレスチナ空爆が火種となって中東が不安定になるのでは
ないかと思います。背景には原油価格を上げたい勢力があり最悪のシナリオは
中東で戦争が起きることです。これだけは避けなければなりません。

宗教戦争に名を借りた経済戦争、戦争は経済対策というような悪魔のような
考えが未だに政治学や経済学の世界に根強く存在します。
私は国際社会による努力と1月20日に発足する米国のオバマ政権に期待したい
と思います。
同氏が大統領選で訴えた通りの人物であれば、つまり、宗教に寛容な姿勢を貫けば、
対立を融和の方向に力強く動かしてくれるものと思います。

2008年は後に「市場経済至上主義が破綻した年」として記憶されると思います。
自由なマネーの移動は、結局、利回りのよいものを求めて動きます。
昨年、世界中が経験したことは、原油や小麦、トウモロコシなどの商品市場に
投機資金が流れてとんでもないことになりました。その流れは止められないほど
凄まじかったことを肝に銘じなければなりません。
やはり経済を発展させるためには一定のルールが必要だということ
だと思います。私は、一定のルールとは実需原則だと思います。
つまり、先物市場に一定の制限を加える必要があると考えています。

世界的な不況で一時持てはやされた環境問題はどこ吹く風となってきております。
また、最近の書店には「地球温暖化は嘘だ」という論調の本が目立ってきております。
私も何冊かを手に取って読んでみましたが、あまり内容のないものでした。
私は、環境問題とはエネルギー問題だと考えています。有限な石油やガスなどの
化石燃料ばかりに頼ってばかりいてはいけないと思います。二酸化炭素をなるべく
排出しないクリーンなエネルギーに転換する必要があります。
また、環境問題は、新しい経済と需要を創造する上で非常に重要な点です。

一方、日本経済ですが、米国の回復に期待するのは難しいと思います。米国よりも
アジアの方が回復は早いと思いますので日本はアジアとの連携を更に密にしていく
べきと思います。
私は以前からアジアでユーロの様な共通の通貨を持つべきだと主張していますが
ドルやユーロに対してアジアの通貨は余りにも非力であると思います。
ご存じの通り、為替レートは世界経済の大きな調整機能として機能しますので
極端な円高になる可能性があります。もうそろそろアジア共通通貨の導入に向けて
アジアの各国が話し合いを持ってもよいのではないかと思います。

また、国内産業はいろいろとやるべきことがあります。例えば、農業、医療・介護など
など公が仕切ってきた産業は全て厳しい状況におかれています。
これらに共通するのは既得権益の塊であることです。
私は農業には農地法を改正して株式会社の参入を自由に認めてよいと考えています。
これらの分野を産業として育成していけるかどうかが日本の将来を握っていると
いっても過言ではないと思います。

最後に、(まだ早いと仰る方がいるかもしれませんが)今年は政権交代が実現します。
政権交代の最も重要なポイントは地方主権国家を目指すということです。
民主党の最大の政策は、補助金を止めて地方に一括交付するということです。
日本はずっと市、県、国と3つの行政単位がそれぞれ独自に予算を持ち同じような
ことをやっています。
消費税を上げる前にもっと税金を効率的に使うようにする必要があります。
これは国と地方の役割を明確にし地方のことは地方に任せる姿勢を貫く必要があり
ます。
一寸話は早いですが、政権交代の後にやってくる2011年の統一地方選挙では
地方主権を掲げる新しい人たちが政治の舞台に躍り出てきます。

西郷隆盛が島流しになっていた奄美から復帰して数年で明治政府が誕生しましたが
日本が変わるのも予想以上に早いスピードで進むものと思います。

以上、色々と書きましたが、今年は激動の年となることは確実で、
難題に対処する知恵と構想力が求められる年だと言えます。


■「不肖浅野真日記」を下記で綴っております。
  もしよかったら覗いてみて下さい。
  http://www5.diary.ne.jp/user/521815/
  http://hidach.kbnet.jp.org/test/read.cgi/gin/#1

最後までお付き合い頂き有難うございました。

配信の解除をされる方は下記に移動して手続きをお願い致します。
   http://www.jiyuto.com/mail/mail.html

□■□□□□□□□□□□□□■□□□□□■□□
  浅野真後援会
  〒500-8257 岐阜市加納御車町35番地の1 
  TEL&FAX   : 058‐273-0371
  メールアドレス : info@jiyuto.com  
  HP      : http://www.jiyuto.com
□□□□□□□■□□□□□□□□■□□□□□■